最近ではスマホの利用時間が長くなるのに伴って「スマホ老眼」などが問題になっていますね。目のトラブルが増加しているのか目の健康のためのサプリメントが多くみられるようになりました。

その中でもブルーベリーのサプリが一般的ですがルテインという成分のサプリもあります。このブルーベリーとルテインはどう違うのでしょうか。

ブルーベリーは抗酸化作用のあるアントシアニンを含んだ果実です。ブルーベリーのアントシアニンは眼精疲労や生活習慣病の改善に役立つとされています。食物繊維やビタミンをたっぷり含んだ健康食品と言えます。スマホ老眼などは一種の疲れ目なので効果がありそうです。

ではルテインはどんな働きをするのでしょう。ルテインも抗酸化作用のあるカルテノイドの一種で緑黄色野菜などに含まれる天然の色素です。目の網膜の中央の黄斑部に多く存在しています。

人は網膜で光を感じて物を見ていますが、実は光を受けることによって網膜はダメージも受けているんです。ルテインは光を吸収する性質を持っています。この性質によって網膜は光ダメージから守られています。最近話題のブルーライトと呼ばれる液晶画面の青色光は目に悪影響があるとされていますが、ルテインはこのブルーライトを吸収して網膜を保護しています。

網膜の黄斑色素濃度によって目の健康状態を知ることができますが、ルテインの摂取は黄斑色素濃度を高めることがわかってます。したがって年齢とともに物が歪んで見える加齢黄斑変性の予防にはルテインを多く含む緑黄色野菜やサプリメントの摂取が有効です。

つまり疲れ目にはブルーベリー、ブルーライトから目を守ったり加齢黄斑変性の予防にはルテインが有効ということでしょうか。

ミツバチが木の芽や樹液から集めた樹脂製混合物がプロポリスです。

ミツバチは巣の隙間を埋めるためにプロポリスを利用しています。しかしプロポリスは巣の補強材としての役目だけではありません。プロポリスの持つ抗菌作用によって細菌などの繁殖を抑え、巣の内部を清潔に保つようにしているのです。

植物は傷つくと傷口の保護に樹脂を分泌します。新芽やつぼみを微生物などから守るために抗菌作用のある物質を新芽やつぼみに送っています。これらの物質を採集したものがプロポリスなのです。

ミツバチは湿度の高い巣の内部の細菌の繁殖を抑えて、巣を清潔に保つためにプロポリスの抗菌作用を活用しているのです。

プロポリスには各種フラボノイド、ビタミン、ミネラルが含まれています。最近抗ガン作用があると注目されている成分にアルテピリンCというフラボノイドは特にブラジル産のプロポリスに多く含まれています。

また、アルテピリンCにはアレルギーに関係するロイコトリエン類やヒスタミン、サイトカインの分泌を抑制することが報告されています。

ミツバチはプロポリスの殺菌力によって細菌やウイルスから身を守っていますが、現在は健康食品として病気予防や治療目的での利用が拡大しています。

プロポリスには抗菌作用、抗酸化作用、抗腫瘍作用などの他、免疫力調整作用、鎮痛作用、局部麻酔作用、抗アレルギー作用、精神安定作用、食欲増進作用などがあるとされています。

プロポリスは古くから薬品として用いられていましたが、その優れた効能のため現在でも化粧品、日焼け止め、消毒抗炎剤、点眼剤、鎮静剤、ヘアスプレーの材料など幅広く利用されています。

肌の健康のためコラーゲンのサプリを摂取している人も少なくないでしょうが、コラーゲンの再生にはビタミンCや亜鉛などのミネラルも欠かすことができません。さらに必要なミネラルとしてシリカが注目されています。

シリカは皮膚、髪、爪などに多く含まれるため健康な肌、髪、爪の再生に欠かせませんが美容だけでなく健康面にも重要な役割を果たしています。骨、関節、血管、細胞壁にも含まれるだけでなく傷の治癒や免疫にも深くかかわっています。

一般にはシリカ=ケイ素と言われていますが、正確には二酸化ケイ素か二酸化ケイ素でできた物質をシリカと呼びます。結晶のシリカは鉱物の形で地殻に大量に含まれていますが、結晶性のシリカは砕いて摂取しても吸収されないどころか発がん性があるとされています。

したがってシリカを摂取するには水溶性のシリカに限られます。水溶性のシリカはジャガイモ、小麦、昆布などよく食べられてる多くの食品から摂ることができます。

しかし、最近では食物から摂取できるシリカの量では十分でないと言われています。昔は井戸水など天然水からシリカを摂取することができていたので、特にシリカを意識することなく摂取することができていたのです。

したがって現在では美肌や健康のためにはサプリメントや「のむシリカ」「シリカ水」などでシリカを摂取することも必要なのです。すでにドイツやアメリカでは健康のためにシリカのサプリメントが人気となっています。

サプリメントとして誰でも思い浮かべるものの一つに、ビタミンやミネラルを補給するサプリメントがあります。「最近忙しくて野菜が不足しているから」とか「野菜が嫌いだから」といった理由でそれらのサプリメントを手にする人が多いと思いますが、実は、野菜の側にも問題があるのです。

50年前の露地栽培の無農薬野菜に比べて、現在の野菜は栄養価が低下していると言われています。ほうれん草のカルシウムは約半分になり、大根では10分の1以下にまで減っています。トマトのビタミンは10分の1近くにもなり、カボチャでは1割近く減っています。

同時に、野菜の味も、昔とは違ってきているはずです。その他、野菜には、残留農薬・残留肥料の問題もつきまといます。化学肥料で栽培された野菜に発癌性物質が残留する可能性も、指摘されています。更に、今では世界中から野菜が輸入されているため、農薬基準や遺伝子組み換えに関する法律が齟齬するという問題もでてきています。

つまり、残念ながら今では色々な意味で、「野菜を食べているから大丈夫」とばかり安心していられなくなってしまった訳です。その上、異常気象で野菜が極端に供給不足となり、小売値が高騰し、経済的にも「たくさん食べられない」事態が起こる可能性がいつもあります。

サプリメントは、こういった野菜に関わる問題を解決してくれます。サプリメントなら、安全に安定的に、必要なビタミンやミネラルを摂取できます。野菜の栄養素を補う食品として、普段からサプリメントについて学び、親しむことが、今や不可欠の時代になってきたのかもしれません。

近年では毎日を健康に過ごすために、その生活そのものを見直す健康ブームが主流となっています。その生活を見直すに置いて最も大事な要素というのが食事であり、その食事に置いては適度な量を食べて野菜やお肉をバランスよく食べる事が重要となっています。

しかしこの野菜とお肉類をバランスよく食べると言うのが最も難しく、この野菜を食べるにしても1日の平均が350グラムであり肉類の1日の平均摂取量は140グラムと考えると1日の必要な栄養素を補うにはそれでも足りない場合があります。

その一日の総摂取量で栄養を賄えない場合に、その栄養補助食品として使われるのが今回のテーマであるサプリです。このサプリとは何であるのかというと、こういった食品に含まれている栄養素を科学的に合成しそれを胃酸で溶けるカプセルに凝縮して入れ込んだものを言います。

そうすることでその日の食事に置いて摂取できなかった栄養素を手軽に補充できるので、その毎日の健康に過ごすという目的を達するに置いて役に立ってくれるのです。近年においては日本の主食であるお米と一緒に炊いて、その栄養を簡単にとれるサプリも販売されておりより手軽にとれるようになっています。

しかし覚えておいてもらいたい事はこれはあくまで栄養補助食品であり、これだけを摂れば食べると言う事をしなくてもよいというわけではないと言う事です。この食べると言う行為は体に活力を与え、そして体の中の毒素を抜くに置いて欠かせないものなのでしっかりと食べると言う行為をしてそのうえでこのサプリを飲んでほしいと思います。