最近ではスマホの利用時間が長くなるのに伴って「スマホ老眼」などが問題になっていますね。目のトラブルが増加しているのか目の健康のためのサプリメントが多くみられるようになりました。

その中でもブルーベリーのサプリが一般的ですがルテインという成分のサプリもあります。このブルーベリーとルテインはどう違うのでしょうか。

ブルーベリーは抗酸化作用のあるアントシアニンを含んだ果実です。ブルーベリーのアントシアニンは眼精疲労や生活習慣病の改善に役立つとされています。食物繊維やビタミンをたっぷり含んだ健康食品と言えます。スマホ老眼などは一種の疲れ目なので効果がありそうです。

ではルテインはどんな働きをするのでしょう。ルテインも抗酸化作用のあるカルテノイドの一種で緑黄色野菜などに含まれる天然の色素です。目の網膜の中央の黄斑部に多く存在しています。

人は網膜で光を感じて物を見ていますが、実は光を受けることによって網膜はダメージも受けているんです。ルテインは光を吸収する性質を持っています。この性質によって網膜は光ダメージから守られています。最近話題のブルーライトと呼ばれる液晶画面の青色光は目に悪影響があるとされていますが、ルテインはこのブルーライトを吸収して網膜を保護しています。

網膜の黄斑色素濃度によって目の健康状態を知ることができますが、ルテインの摂取は黄斑色素濃度を高めることがわかってます。したがって年齢とともに物が歪んで見える加齢黄斑変性の予防にはルテインを多く含む緑黄色野菜やサプリメントの摂取が有効です。

つまり疲れ目にはブルーベリー、ブルーライトから目を守ったり加齢黄斑変性の予防にはルテインが有効ということでしょうか。