DHTが男性型脱毛症の遺伝に関与している?

男性型脱毛症(AGA)の原因に男性ホルモンが関係していることはなんとなく分かっていますが、すべての男性がAGAになることはありません。実は頭髪の脱毛に関与しているのはジヒドロテストステロン(DHT)と言われる男性ホルモンなのです。そしてDHTが多く生成されるとAGAを発症することになります。

DHTは毛乳頭の受容体に結合すると毛髪の細胞分裂を抑制する働きがあり、髪の成長を阻害して成長しきらないうちに脱毛させてしまうのです。そして、DHTは5α-リダクターゼと言う酵素によってテストステロンを変換して生成されます。AGAの原因は5α-リダクターゼが犯人とも言えるわけです。AGAが遺伝すると言うことは5α-リダクターゼを多く分泌する体質が遺伝することだと考えられています。

5α-リダクターゼが多い体質がAGAの遺伝の原因でもありますが、遺伝の影響はそう大きくはないと言われています。むしろ食生活における栄養バランスや不規則な生活、ストレス、喫煙などの影響の方が大きいとも言われています。したがってビタミンやミネラルなど栄養豊富でバランスのよい食事や運動を取り入れた規則正しい生活習慣によって脱毛の進行を食い止めることもできるのです。

その上で5α-リダクターゼの働きを阻害してDHTの生成を抑制するプロペシアなどの使用を考えてもいいのではないでしょうか。また、ミノキシジルは血行をよくして頭髪の成長を促す作用があります。頭皮が硬くなって血行が悪くなるのも遺伝が関係しているのかも知れません。