インスリンで糖尿病をコントロール

糖尿病は文字から見ると尿に糖が現れる病気のようですが、血液中のブドウ糖の濃度が高くなりすぎた結果、尿にブドウ糖が出るようになる病気です。血液中のブドウ糖の濃度が高くなり過ぎる病気なのです。血液中のブドウ糖の濃度を血糖値で表します。

血糖値が高くなる原因には、血液中のブドウ糖を細胞に取り込むのを促進するインスリンというホルモンが正常に機能しなくなることにあります。1型糖尿病と言われる糖尿病はすい臓のインスリンを分泌する細胞がウイルスや病気によって破壊された状態になって、インスリンの分泌ができないか、少なくなった病気です。

しかし、糖尿病患者の95%は2型糖尿病と呼ばれる生活習慣を原因とした糖尿病です。2型糖尿病は過食、運動不足、肥満などが原因では発症します。脂肪細胞の中でも内臓脂肪が増加すると全身でインスリンの働きが低下する「インスリン抵抗性」という状態になり、インスリンを分泌する細胞がインスリン不足と勘違いしてインスリンの分泌量を増やします。次第にインスリンを分泌する細胞がオーバーワークとなり、疲弊してしまいインスリンの分泌量が低下して血糖の調整ができなくなり糖尿病を発症します。

血糖値が高い状態でも自覚症状はほとんどありません。そのため糖尿病は発症しても長期間気がつかないことがあります。そして放置したままでいると合併症を引き起こしてしまいます。糖尿病の合併症は心筋梗塞や脳梗塞につながる動脈硬化の原因になるばかりでなく、毛細血管の血流が悪くなって起こる網膜症や神経障害、腎障害があり、失明や足の切断、人工透析などの重篤な障害につながることもあります。また、感染症などにもかかりやすく、怪我なども治りにくくなり身体全体を着実に蝕んでいきます。

糖尿病の初期の状態ならば食生活や運動の習慣で改善できます。発症してからは厳密な血糖コントロールを行って進行を遅らせることに重点をおいた生活が大切です。

1型糖尿病を除けば、インスリン療法はかつては重篤な糖尿病の最後の手段とされていましたが、現在では重症患者でなくてもすい臓にインスリン分泌能力が残っていれば、インスリン療法で血糖をコントロールして、弱りきったすい臓を休ませて再びインスリンの分泌能力を取り戻させることができます。