薬局でできる糖尿病の血液検査

初期の糖尿病は自覚症状がなく、気がついた時には悪化していることもあるので、早期発見と予防のために、薬局で無料の血液検査を行う取り組みが徳島県で始まりました。

徳島県は糖尿病による死亡率が全国で最も高いので、大学の研究の一環として試験的に行われます。徳島県の10か所の薬局に機械を設置して「指先採血でのHbA1c測定」と言われる血液検査の方法で行われます。指先採血は自分自身で簡単にできる血液検査というのが特徴です。

同様の薬局の店頭での血液検査の取り組みは東京足立区で数年前から行われています。2年間で996人の血液検査を行って、およそ30%の人が糖尿病が強く疑われるか予備軍であるという結果になり、医療機関の受診を勧め、症状の改善を呼びかけています。生活習慣に起因する2型糖尿病は発症前の「予備軍」の状態なら、しっかりした対策を行う事で発症を遅らせることができます。

日本人の糖尿病人口は1000万人を越えています。さらに予備軍なども含めると2200万人いると推定されています。糖尿病は重症化するまで自覚症状がないので、早期発見は血液検査を受けなければできません。異常値が出たら医療機関を受診して、正しい対策をすることが予防になります。

しかし、2008年から始まった特定健康診の受診率は2010年度では43.3%でした。薬局店頭での指先採血によるHbA1cの血液検査は、定期的な健康診断や血液検査を受けていない自営業や主婦などの未発見の糖尿病や予備軍の掘り起こしに有効であると考えられています。