今どきの野菜より信用できるサプリメント

サプリメントとして誰でも思い浮かべるものの一つに、ビタミンやミネラルを補給するサプリメントがあります。「最近忙しくて野菜が不足しているから」とか「野菜が嫌いだから」といった理由でそれらのサプリメントを手にする人が多いと思いますが、実は、野菜の側にも問題があるのです。

50年前の露地栽培の無農薬野菜に比べて、現在の野菜は栄養価が低下していると言われています。ほうれん草のカルシウムは約半分になり、大根では10分の1以下にまで減っています。トマトのビタミンは10分の1近くにもなり、カボチャでは1割近く減っています。

同時に、野菜の味も、昔とは違ってきているはずです。その他、野菜には、残留農薬・残留肥料の問題もつきまといます。化学肥料で栽培された野菜に発癌性物質が残留する可能性も、指摘されています。更に、今では世界中から野菜が輸入されているため、農薬基準や遺伝子組み換えに関する法律が齟齬するという問題もでてきています。

つまり、残念ながら今では色々な意味で、「野菜を食べているから大丈夫」とばかり安心していられなくなってしまった訳です。その上、異常気象で野菜が極端に供給不足となり、小売値が高騰し、経済的にも「たくさん食べられない」事態が起こる可能性がいつもあります。

サプリメントは、こういった野菜に関わる問題を解決してくれます。サプリメントなら、安全に安定的に、必要なビタミンやミネラルを摂取できます。野菜の栄養素を補う食品として、普段からサプリメントについて学び、親しむことが、今や不可欠の時代になってきたのかもしれません。