プロバイオティクスは予防医学

プロバイオティクスとは腸内の細菌バランスを改善することで、病気になりにくい身体を作る予防医学のことです。人の腸内には多種多様な細菌が数多く存在しています。その種類は500~1,000種類におよび総数は100兆個にもなります。

腸内細菌には消化吸収を助けたり、病気をもたらす菌の繁殖を抑制して人の健康に有益な働きをする善玉菌と食べ物を腐敗させたり発がん関連物質を作りだして健康に有害に働く悪玉菌がいます。この2種類の菌が絶えず腸内で勢力争いをして、この細菌バランスが人の健康状態を左右していることが分かってきました。この細菌バランスをよい方に保ち健康状態を改善しようとするのがプロバイオティクスです。

乳酸菌はプロバイオティクスの代表的な菌です。ヨーグルト、味噌、ぬか漬け、チーズなどの発酵食品に含まれています。乳酸菌はもともと人の腸内に存在する菌で、人類にとって長い食経験があるので安全性が確認されています。プロバイオティクスとしての有効性も科学的に証明されるようになってきています。

プロバイオティクスはがん治療の現場でも補完代替医療として注目されています。抗がん剤や放射線治療の副作用の軽減効果や術後の再発予防、感染症予防などにプロバイオティクスが有効であることが分かってきました。また乳酸菌を直接摂取するのではなく、腸内の善玉菌を増やしたり活性化させるために食物繊維やオリゴ糖、ラクトフェリンを摂取する方法をプレバイオティクスといいます。

プロバイオティクスに使われる乳酸菌にはいろいろな種類があり、人によって相性があります。ある人に効果があったプロバイオティクスでも他の人には効果がないこともあり、その相性の関係が現在のところ、まだ明らかになっていません。